ノンエー

ノンエーの成分は?

投稿日:

ノンエーの成分について

成分
ノンエーの全成分は以下の通り——

グリチルリチン酸ジカリウム(有効成分)、ダイズエキス、クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、海藻エキス(1)、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュア)、カリウム含有石けん用素地、精製水、ラウリン酸、濃グリセリン、1.3-ブチレングリコール

このうち、天然由来のエキスについていくつか説明してみましょう——

・グリチルリチン酸ジカリウム

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムは、字面だけみるとまるで人工的な化合物のようですが、実は植物エキスです。

材料として使われているのは、カンゾウ(甘草)という植物。漢方薬の成分として最も使用頻度の高いものひとつで、「これがないと漢方薬の調合ができない」といわれるほどです。

ユーラシア大陸全土(ロシア、中国、中央アジア、中近東、欧州)で自生しているため、人間との関わりも極めて古く、バビロニア、エジプトなどの古代文明でも薬草として使われた痕跡が残っています。日本にも古くから伝わり、正倉院に貯蔵されていました。

副作用もほとんどないのが特徴で、現在は医薬品として利用されるほか、甘味料としても使われ、しょう油や菓子には欠かせません。

刺激緩和、抗消炎作用を備えているために化粧品の成分としても盛んに使用されていて、肌荒れ、ニキビ、シワ、たるみなどの軽減に効果があります。

・ダイズエキス

しょう油、味噌、豆腐、納豆——。日本人の食卓には欠かせない食品の原料である大豆。サポニン、アミノ酸といった栄養素を含有していますが、特に近年になってイソフラボンに注目が集まり、各種のコスメやサプリに成分として配合されるようになりました。

イソフラボンは体内で吸収されるとエストロゲンと似た働きをします。このエストロゲンは女性ホルモンの1種で、新陳代謝の活性化に欠かせません。イソフラボンを摂ることで肌のターンオーバーが正常化し、シミ、くすみ、黒ずみなどが改善。さらにコラーゲンの不足を補うことで、ハリ・ツヤのある健康的な肌をよみがえらせます。

・クワエキス

クワ(桑)は養蚕業に欠かせない植物。古代から養蚕が盛んだった日本では1種の生活必需品で、桑畑は地図の記号となっているほどです。根皮もソウハクヒという名前で生薬として使用されたため、桑は農村にとって貴重な収入源でした。

クワエキスはそのソウハクヒから抽出されたもの。そこに含まれるオキシレスベラトロールという成分がチロシナーゼの活性を抑えてくれます。

チロシナーゼはメラニン生成に関わっている酵素。メラニンはシミの元となる物質なので、クワエキスはシミの発生を予防してくれます。さらに保湿効果も期待できるので、近年では盛んにコスメなどに使用されるようになりました。

・スクワラン

たくさんの化粧品に配合されている保湿成分。様々な植物油やサメなどの魚類に含まれている「スクワレン」という成分を水素化したものです。

もともとこの「スクワレン」は人間の体内でも生成されるもので、皮脂膜を構成する物質。空気中の雑菌や汚れから肌を守る重要な成分ですが、スクワランにも同じ効果があります。

もともと人間の体内に存在するものだけに皮膚へもよくなじみ、保湿剤として盛んにコスメ類に配合されています。

・ローヤルゼリーエキス

健康食品としておなじみのローヤルゼリーですが、その40種類を越える成分の中には保湿に役立つ成分も含まれていて、化粧品の原料としても有益な物質。もちろん食用になるほどなので、副作用の心配もほとんどありません。

ノンエーの口コミTOPへ

-ノンエー

Copyright© 本当に効いた!ノンエーの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.