ノンエー

ノンエーという化粧水を徹底考察

更新日:

ノンエー石鹸と相性のいい化粧水とは?

相性がいい
ニキビをなるべく早く治すためには、洗顔、補水、保湿の3つのステップが重要。

このうちの1つでも欠けると、ニキビはなかなか完治できず、ひどい場合はニキビ跡として残ったりします。

この3つのステップの内、ノンエー石鹸を使えば洗顔の問題は解決します。そして次のステップである補水の役割を果たすのは何かというと、化粧水です。

ノンエー石鹸は石鹸というだけあって、さすがに補水、保湿に関しては役不足です。確かに成分として肌に潤いをキープするヒアルロン酸などが含まれていますが、これはあくまで補助的なものであり、本格的な補水・保湿効果は期待しない方がいいでしょう。

では、肌の補水を行う化粧水はどういったものを選べばいいのでしょう?

まずあげたいのが、ノンエー石鹸と同じプライマリー製品であるノンエーローションです。

ノンエー石鹸との併用を考慮して開発された化粧水なので、相性は抜群です。

もともとプライマリーの製品には、リフレッシャーローションという販売数の多い人気の化粧水があるのですが、そのリフレッシャーローションの効果をそのまま受け継ぎながら、ニキビ用に特化したものがノンエーローションです。

ノンエーローションの通常価格は5,184円。決して安いとはいえないので、公式サイトでノンエー石鹸を申し込む時にプレゼントされるお試し品(10ml)をまず使ってみましょう。

そして次に相性のいい化粧水になるのが、リプロスキンです。

配合された潤い成分の浸透力がとりわけ高く、ニキビ跡にも効果があるとされる人気化粧水ですが、潤い成分によって肌細胞が柔らかくなるためニキビ肌の改善にも効きます。

ニキビ跡を気にしている人には、もってこいでしょう。

その次にノンエー石鹸と相性のいい化粧水は、アヤナスローションコンセントレートです。

このローションはニキビケアも行いながら、シワ、ほうれい線の解消に役立つというので人気のある化粧水です。

通常価格は4,860円。手に入れたい人はお試し品でトライするといいでしょう。

ノンエーローションの配合成分

天然の成分

アミノカプロン酸

別名「イプシロンアミノカプロン酸」「ε-アミノカプロン酸」ともいわれる抗炎症効果を持つ中性アミノ酸。

プラスミン(アレルギーの遠因となる物質)の働きを阻害することから、出血症状・炎症・アレルギー症状改善の目的で医薬品に用いられます。

また皮膚への刺激を抑えてくれるので、化粧品にもよく配合されています。

エンメイソウエキス

抗菌作用を備え、微生物の発生を抑える働きをしてくれます。

また、男性ホルモンの活動を抑える効果も分かっていて、皮脂の過剰分泌抑止にも役立ち、肌のトラブルを防ぎます。

さらに活性酸素消去作用も備えていて、肌の老化予防に効果があります。

グリチルリチン酸2K

もともと漢方の生薬である甘草(カンゾウ)に含まれていた成分で、化粧品、石鹸、シャンプー、育毛剤などに幅広く使われています。また甘みを持つため、食品の甘味料としても添加されることがあります。

強い抗炎症作用をもち、ニキビによる肌の炎症を緩和してくれます。

3-0-エチルアスコルビン酸

ビタミンCエチルとも呼ばれるビタミンC誘導体。酵素による加水分解などの必要がなく、体内に入るとそのままビタミンCとしての効果を発揮することができます。

ビタミンCと同じく、メラニンの発生を阻害する効果を備えています。

ノンエーの口コミ情報をチェックする

-ノンエー

Copyright© 本当に効いた!ノンエーの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.